スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

号外 京都・清水寺貫主 森清範和上 記念講演会 「清水の舞台から」

掛軸屋.netの代表 小林です。
この度 初投稿となりますので宜しくお願い致します。

先週20日の日曜日、愛知県江南市の市制60周年記念の講演会に
行ってきました。
テーマは、「清水の舞台から」ということで、年末恒例の「今年の漢字」を
揮毫(きごう)されている 森清範和上の法話を聴いてきました。
すいとぴあ江南

会場は300人を超える席が満席となり、1995年から昨年2013年までの19年間の
色紙に書かれた直筆文字が、講演舞台に飾られました。
会場300人

色紙展示


内容は、源氏物語や枕草子の頃から登場する清水寺の歴史にはじまり
現在の改修工事の舞台裏まで、おもしろおかしく、多岐に及びました。
森清範

(改修工事の詳細については、6月6日放送予定のBSNHK
午後9時から特集番組が組まれているそうです。)

本題は「仏様とは命と同じ、何物にも代えがたい存在である。」
   「物の良し悪しや善悪は、すべて己の心が決めるもの。」といった
いずれも〝はっと〟させられるとてもありがたいお話でした。

また、講演会の最後に直筆の色紙が来場者3名に抽選でプレゼントされました。
もちろん、漢字一文字で、「壽」「夢」「喜」の3枚でした。
色紙プレゼント

実は森清範和上の色紙は、毎年開催される当社の「年末大掛軸展」でご縁があります。
これまで、「空」「花」「和」「幸」「寛」などを揮毫して戴きました。

清涼感溢れるお話の数々に、とても有意義な時間を過ごすことができた一日でした。
           
                               店主 拝
ポスター
---------------------------------------
掛軸屋.net
http://www.kakejikuya.net/

スポンサーサイト
プロフィール

ka1127218

Author:ka1127218
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。