FC2ブログ

日展

掛軸屋.netの林です。
2月になり、少しですが暖かくなった気がします。
ほっとするのも束の間、これからは花粉症の人には辛い時期になりそうです。
今年は昨年の10倍もの花粉が飛ぶと言われています。外出の際は、万全の対策が必要になりますね。

今回は、現在《愛知県美術館》で開催中の「日本美術展覧会」、『日展』についてお話いたします。(東海展は2月13日まで開催)

私は先週の2月5日(土曜日)に行ってきました。
夕方の5時頃でしたが、まだ多くの方々がみえ、例年になく活気がありました。
会場の展示には順路があり、日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の順に鑑賞します。

最初は1科「日本画」です。
絵の大きさや色使いに圧倒されます。
絵のモチーフは、風景・動物・女性が多くありました。
その中でも、着物を着た女性をモデルにした絵が一番印象に残りました。
女性の着物姿は、やはり「絵」になります。

次は2科「洋画」です。
私は洋画のことはほとんど知識がないので、
日本画と洋画の違いがあまり解からずに鑑賞していました。
ひととおり、鑑賞した後で会場の学芸員さんに尋ねたところ、
一番の違いは「画材」の違いということだそうです。
日本画と洋画で使われる絵の具は別物で、それが根本的な違いということでした。
詳しい方がいらっしゃいましたらコメント下さい(汗)

そして3科、4科「彫刻」と「工芸美術」です。
こちらの彫刻は予想通り、モチーフのほとんどが女性像でした。
私が一番驚いたのは「豚」の彫刻でした。
あまりにもリアルで、まるで生きている様でした。

最後に5科「書」です。
日頃から工房で書画作品を見る機会が多いのですが、さすがは「日展」というタイトルの通り、大きな迫力のある作品が多くありました。
作品の長さが3mを超える長い作品や幅が2mをも超える横長の作品などは、こうした大きな展覧会でしかなかなかお目にかかれません。
非日常的なダイナミックな作品を鑑賞することができ、大変刺激的な時間を過ごせました。

「日展」には新鮮でエネルギッシュで、心踊る刺激的な芸術作品がたくさんあります。
皆さまも時を忘れるような時間を過ごせる「日展」に足を運んでみてはいかがですか?
残りあと4日です。

日展
http://www.nitten.or.jp/

------------------------------------------------------------
掛軸屋.net
http://www.kakejikuya.net/
プロフィール

ka1127218

Author:ka1127218
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード