FC2ブログ

色合わせ(裂地合わせ)

ご無沙汰しております。
9月上旬のブログを担当させていただきます、掛軸屋.netの林です。
前回のブログの担当から5カ月たちまして、今回が2回目になります。よろしくお付き合いください。

毎日暑い日が続いていますが、皆さん、夏バテなどされていませんか?
私は毎年この時期になると、夏はこんなに長かったかな、と昨年のことを思い出しながら過ごしています。

今回のテーマは掛軸の裂地(布地のこと)の「色合わせ」についてお話したいと思います。

少し前の6月頃は、お客様から涼しげな作品と共に「夏のイメージ」ということで青色・水色の色合いで裂地を合わせてほしいとのご要望が多くありました。

今は「秋のイメージ」の色合いでとの、お仕立てのご要望を多くいただきます。
まだ夏だと思っていたら、すぐそこまで秋は来ていました。

私の場合、「色合わせ」はまず、イメージ作りから始めます。
作品が「絵」ならば描かれている対象から、「書」ならばその言葉から“色”をイメージします。

「秋のイメージ」とは…。
私の主観では、紅葉・お月見・ススキ・落ち葉など秋の風物詩から連想すると、黄金色や山吹色、栗色など、橙や茶系の落ち着いた色合いが浮かんできます。
イメージが固まったら当てはまる色合いの裂地を作品とともにいくつか並べます。
候補が揃い、その中で作品自体の持つ色合いも考慮しながら決めていきます。

秋のキレ2

工房の中で、最も時間をかけるのが、実はこの色合わせです。
表具の世界では「色取り7分・腕3分」と言われる程、色合わせは重要です。
なかなか決まらずに、色のイメージがわかない場合もあります。
そんな時は、“色”について本やパソコンで調べて考えたり…。
こんな時間はとても大切と感じています。

今回ご紹介させて戴いた裂地は、ほんの一部です。
当工房には、「秋のイメージ」に合う裂地を、数多く取りそろえております。
掛軸のお仕立てをお考えになる機会がありましたら、是非一度当工房へお問い合わせ下さい。
ご連絡、お待ちしております。
--------------------------------------------------------
掛軸屋.net
http://www.kakejikuya.net/
プロフィール

ka1127218

Author:ka1127218
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード