FC2ブログ

夏季研修会

はじめまして。
8月上旬のブログを担当させていただきます、掛軸屋.netの表具師 小林と申します。
よろしくお願いいたします。

先月7月26日~27日の二日間、長野県表具経師内装協会が主催する表具の研修会があり、会場のある長野県諏訪市に行ってきました。
毎年この時期に全国の表具組合に加盟している表具職人さん達が集まり、新しい表具の知識、技術を得るために勉強会を行っています。
夏季研修会

今回のテーマは「古書画の洗い」で、化学に詳しい講師の方が招かれました。
化学薬品を用い、作品を傷めずにシミやカビなどの汚れを除去する技術を学んできました。

おかげさまで当工房では、これまでたくさんのお客様から掛軸や和額などの修理・修復のご依頼を賜り、様々な表装を手がけてまいりました。
今回の研修を受け、今まで取りにくかったシミなどの汚れもキレイにできる術を身につけ、またひとつ自信が付いた様に感じております。

「汚れてしまった、傷んでしまった」掛軸などをキレイにお仕立て直しをする事が私共の仕事ですが、そもそも作品を描かれた作家さん、作品を仕立てた当時の表具屋さんはいつまでも大切に扱ってほしいという願いを込められていると思います。

そこで今回は、お手持ちの掛軸を少しでもキレイな状態で保存していただく為の3ポイントアドバイスをお伝えします。

1. 掛軸をしまう時は、晴れの日に。(雨の日は湿気を浴びてカビの原因になります)
2. 年に一度は広げて虫干ししましょう。(8~9月頃のカラッとした晴れの日)
3. 表具用の専用防虫香を入れて保管しましょう。(ナフタリンは絵の具や墨の色を変色させ、シミの原因となりますのでNGです)

当工房では防虫香、桐箱なども取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
bochuko kiribako
-------------------------------------------------------------------
掛軸屋.net
http://www.kakejikuya.net
プロフィール

ka1127218

Author:ka1127218
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード