FC2ブログ

軸先

はじめまして。
6月上旬のブログを担当させていただきます、掛軸屋.netの藤井と申します。
よろしくお願い致します。

そろそろ梅雨に入りじめじめとしてきました。私たちにとっても掛軸にとってもあまり好ましくない時期ですが、床の間に涼しげな掛軸が一幅あると風情があって気持ちが晴れやかになりますね。

掛軸を掛けるとき、またはしまうときに必ず持つところを軸棒(軸木)の先、「軸先」と呼んでいます。この軸先、掛軸を巻くときに持つところなので、どんな物でも付いていればよいかというとそうではありません。
掛軸の印象のほとんどは「裂地」(使われている布)によって決まりますが、全体の印象を最後に締める役割がこの「軸先」にあると思います。

一般的には、黒檀や紫檀といった木でできたものや陶器でできたものがあり、色合いも様々ですが、古い掛軸をみてみますと牛骨や竹、高級なものになると象牙などが使われていたりします。
掛軸をつくる上で、どんな軸先を付けるか作品の内容や裂地の色合いなどを見て、掛軸全体の雰囲気や印象がより良くなるよう心がけています。

このブログをご覧のみなさまも、作品を鑑賞されるときやお手持ちの掛軸の「軸先」にも注目してみてはどうでしょう。
今までとはまた違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

jikusaki 1jikusaki 2

-----------------------------------------------------------------
掛軸屋.net
http://www.kakejikuya.net/
プロフィール

ka1127218

Author:ka1127218
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード